【ボウリング】初心者講座 スコアの計算方法

初心者講座

ボウリングは10本のピンを約18m離れた場所からボールを投げて、ピンを倒した本数の合計を競うスポーツです。

ですが、スコアの計算方法が少し複雑なので、最初はなかなか計算することができなかったりします。なので、今回はスコアの見方について紹介していきます。

スコアの計算方法

ボウリングの1ゲームは10フレームあり、1から9フレームまでは最大2投、10フレームは最大3投まで投げることができます。その1から10フレームの合計が1ゲームのスコアになります。

ストライク

フレームの1投目で10本すべてのピンを倒すことをストライクといいます。スコアボードには「X」で表示されます。

ストライクを取った場合はその後の2投分の得点がプラスされます。

1フレーム目にストライクを取り、2フレーム目の1投目が8本で2投目に1本だった場合1フレーム目の得点は19点になります。10+8+1が1フレーム目のスコアの計算になります。

スペア

フレームの1投目で9本倒し、2投目で残ったピンを1本を倒すなど、2回投げて10本すべてを倒すことをスペアといいます。スコアボードには「」で表示されます。

スペアを取った場合は、次のフレームの1投目に倒したピンの本数がプラスされます。

1フレーム目にスペアを取り、2フレーム目の1投目が7本だった場合1フレーム目の得点は17点になります。10+7が1フレーム目のスコアの計算になります。

オープンフレーム

ストライクやスペアを取ることができなかったフレームをオープンフレームと呼びます。

2回投げて10本倒しきれなかった場合は、そのフレームで倒した本数の合計がそのままそのフレームの得点になります。

1投目に5本倒して2投目に3本倒した場合は8点がそのフレームの得点になります。

ガター、ファール

1投目に両端にある溝にボールが落ちてしまった場合をガターといいます。その場合「G」で表示されます。2投目にピンを倒せなかった場合は「」で表示されます。

また、投球時にファールラインを越えてレーンに足が入ってしまった場合はファールとなり「F」で表示され、その投球は無効となりどれだけピンを倒した場合でも0点となります。1投目にファールしてしまった場合2投目はピン10本を立て直してから投球します。

10フレーム

10フレーム目は1投目ストライク、または、2投目でスペアを取った場合は3投目まで投げることができます。ですが、ストライクやスペアが取れなかった場合は2投で終了してしまいます。

最大30点まで狙える最後のフレームなので非常に大事なフレームです。

まとめ

スコアの計算方法がわかれば、自分の目標を達成するためにストライクが何個、スペアが何個必要なのかがわかるようになります。なので、投げている間に計算してここから何点まで行けるかわかるのでより集中して投げれるようにもなると思います。

ボウリングは奥の深いスポーツなので、わかればわかるほど面白くなってきますよ!

皆さんのボウリングライフを応援しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました